TOP > レイドウレイキライブラリー > 神奈川県川崎にヒーリングセンター移転オープン

神奈川県川崎にヒューマン&トラスト研究所ヒーリングセンターの移転

移転の経緯 ●川崎ってどんなところ?
街にあふれるボディワークのお店の中で
気の森2004春号のレイキの特集でレイドウレイキが取材を受けました
レイキ・ヒーリングの看板を掲げて ●ブラジル発:子供向けレイキの本



 

 <2004年5月>

 移転の経緯

2004年3月下旬、10年間を過ごした水道橋センターから川崎に移転しました。4月に川崎のセンターはオープンしましたが、最初の1ヵ月は場を整えるための時間でもあったようです。以前の水道橋のセンターはひとつの大きなスペースでしたが、レイキ施療と平日のヒーラー養成コースが同時にできないという点と、事務スペースとプライバシーの確保と言う点で少々不便な点がありましたので、川崎ではスペースを2つにしました。それにより、レイキの個人セッションを受けられるやすらぎのあるお部屋と、陽が降りそそぐ大きな窓が印象的な明るいセミナー受講用の部屋がご用意できました。その日の予約状態によって2つの部屋を使い分けます。
 将来的には、さらに広いセミナースペースを常時使えるようにしたいとは思っておりますが、レイドウレイキの少人数レッスンの教授形態から言えば十分かとは思います。ひとつ下の階にはレンタルスペースの広いスタジオがありますので、多人数が集まる催しやワークショップはそちらで行ないます。
 ところで、レイドウレイキの2004年の年賀状には「原点回帰」という言葉を年初の抱負として載せましたが、その時点では今回の移転については考えだにしなかったことでした。今年の初めに素晴らしいご縁を頂き、あっという間に移転の話しは進み、新天地に移りすむことになりました。
 癒しの象徴である「水」の字を配した「水道橋」に最初のセンターを構えたのもご縁なら、一滴の水が集まりひとつの流れとなり「川」になるように「川崎」の地へ、そんな直感と自然の流れに沿った移転でした。

 

レイキヒーリング 小川

セッション用の部屋501A

 

 

レイキセミナー  

セミナー用の部屋501B
 

川崎ってどんなところ?

ところで、このレポートを読んでいただいているあなたは、実際に川崎駅を降りたことのあるかたでしょうか? そしてそれは最近のことでしょうか? それともずっと昔のことでしょうか? 川崎に降りたったことのない方は川崎をどのような印象でとらえているのでしょうか?
 実はレイドウレイキの卒業生のほとんどは、川崎駅周辺に行ったことのない人ばかりでした。最初に移転予定の話をしたときになぜか皆あわてていました。
 そして「川崎って遠いんじゃない」「ローカルな歓楽街のイメージ」「ワイルドな町ですよね」「工業地帯で空気が悪そう」「ホームレス問題の出ているところでしょ」「川崎病の出たところ(*注 川崎病は医師の川崎博士が発表したもので川崎の土地にかかわるものではありません)」など、正直良い印象で捉えた人はほとんどいませんでした。なかには「東京から神奈川県に移るのは都落ちした感じがする」という人もいたくらいです。
 とはいうものの「チネチッタ」に行ったことのあった青木所長は新しく変化していこうとする川崎のことを知っていました。チネチッタはとても綺麗な映画館やライブハウスやレストランなどの複合的な場所で、映画興行収入1位にも輝いたところです。イタリアの映画場の名からとった名称だそうで、建物もとてもお洒落です。
 川崎市が非常に広いので、場所によって工業地帯や新興住宅地などいろいろな側面があるとは思います。川崎市役所のシティーセールスのHPによれば、川崎のポイントは3つあるそうです。

 ① 音楽や映画のまち(ミューザ川崎シンフォニーホールや前述のチネチッタなどがあります) 
 ② 日本の頭脳が集うまち(学術研究機関に働く人の比率が日本一)
 ③ 安心して集えるまち(政令市の中で、刑法犯罪の件数は2番目に少なく、検挙率は第1位)ということです。詳細を知りたいかたは川崎市HPの川崎の魅力を見てください。

 では、実際に川崎駅周辺はどのような感じだったのでしょうか? 
まず立地と交通ですが、東京都の川向こうにあるのが川崎です。東京駅から東海道線3駅18分で着きますし、羽田空港から京急で16分と意外と便利です。東京と横浜にはさまれたところに位置します。
 そして、改札を出ると、とにかく人がたくさんいます。職業・年齢・人種なども含めて雑多な色々な人が集っている感じです。
 大きな地下街のアゼリアは女性必見!目移りしてまっすぐ出口に行くのが難しいくらい沢山のお店が並んでいます。駅のほど近くに市役所やNTTなどがありそのすぐ筋向いには商店街・繁華街が広がります。その商店街のエリアの一角にセンターがある「伊野ビル」があります。車の通りがほとんどないので意外に静かです。5階セミナー室には大きな窓があり、ありがたいことに目の前にはビルが無いので晴れた日は空がとてもきれいで、夕暮れには日差しが入り込んで太陽の恵みを感じます。暗くなると遠めに丸井やJALなどのの赤ネオンがいくつか見えだします。ただし夜8時以降になると夜の盛り場の雰囲気の活気のある町に変貌していくのも事実です。そのこともあり、今まで行なっていた夜の瞑想会は中止にしました。
とはいうものの、先日「幸力の会」でセンターのお披露目で初めて来てくださった方は、懸念が払われて、「明るいですね」「個室が落ち着きますね」「結構いい感じ!」「安心しました」などと皆さん言ってくださいました。
 これからレッスンを重ねていくにつれて、水道橋センターで皆が感じてくださったように、部屋に一歩足を踏み入れた時に、高いレイキのエネルギー波動に包まれる居心地の良い空間になっていくのが楽しみです。


 

幸力の会レイドウレイキ

 

 

 

 

 

 

   ●幸力の会にて

 ●アゼリア地下街

 街にあふれるボディワークのお店の中で

川崎の街角を一つ曲がれば、マッサージ・リフレフソロジー・整体・鍼灸などボディーワークのお店がそこかしこにあり宣伝文句には「癒し」「ヒーリング」「リラクゼーション」「セラピー」の言葉が並びます。ほとんどのお店で10分、15分単位からの切り売りです。「ちょっとヒトモミしてもらおうか~」という感じで、気楽にファーストフード感覚でお客様も入るのでしょう。それもまた必要な癒しなのだと思います。
 レイドウレイキでは、もう一歩奥まで入り込んだ、スピリチュアルな癒しまでを含むヒーリングを目的としています。その方の人生や生活に深みと輝きをますこと、魂を磨くことがレイキの本来の目的だからです。
 だからレイキヒーリング療法では、90分の時間をヒーラーもヒーリー(ヒーリングを受ける人)もお互いに用意して、エネルギーを通した共同創造作業としてじっくりと「健康」「平安」「気づき」「啓発」に向かっていって欲しいのです。
 レイキヒーリング療法は、1日に6名までしかお受けできませんので、お早めに予約をされることをお勧めします。施療日は基本的には平日の火~木曜日ですが、土日でもお受けできる日が出来ましたので何日か前にお問合せください。
 レイドウレイキヒーラー養成コースやカルナレイキ・セイキムレイキなどのセミナーもあらかじめスケジュール化している週末コースだけでなく、平日の受講が可能で受講料も週末と同額です。4月にオープン以来、平日コースが頻繁に行なわれニーズの多さを改めて認識しました。

気の森2004春号のレイキの特集でレイドウレイキが取材を受けました

引越しの直前に、気の森(BABジャパン出版社)から電話が入り、レイキの特集を組むので取材を受けて欲しいとの依頼を受けました。気の森を読んでいる人にとっては「レイキ」はすでに周知のことだが、今回は一歩進んだところを見ていきたいとのことでしたので、喜んでお受けしました。
 レイドウレイキのレイキを伝えるスタンスも明確にしていただいていますし、レイキが日本に導入されてからの経緯もよくまとまって分かりやすいと思いますので、機会があればぜひお読みになって下さい。

レイドウレイキ第1段階でも学ぶ
ショートレイキの一般向けバージョン掲載

 レイキ・ヒーリングの看板を掲げて

 

センターの入っている伊野ビルの外壁の看板はあえて「レイキ・ヒーリング」としました。日本で最も古くからやっているレイキヒーリング専門の療法所として、レイキをもっと認知していただき、その本質を伝えたいというのが私達の主旨です。
 4月に看板がついてから40日、この原稿を書いていた時に1人の若い女性が訪ねてきました。
「マクドナルドの2階でお茶をしていたら、まっすぐ前に『レイキ・ヒーリング』の看板が目に飛び込んできました!パンフレットがあれば下さい」とのこと!! 
 「今までは、精神的なものに興味があることを社会の中で言い難い雰囲気があったけれど、これからの時代はカミングアウトして堂々と霊性に目を向けていく時代だと思っているのです」とその方は目を輝かせてお話していました。嬉しい限りです。
 これからどのような方と出会っていくか楽しみです。出会った人達に、元気と活力はもちろん、繊細で浸透力のあるレイキの本質的エネルギーと平和の波動を与え、スピリチュアルな提供をしていくのが私たちの使命です。レイキ教授を受けに日本全国からヒューマン&トラスト研究所に訪ねてこられる方とともに、レイキの愛で日本を、世界を満たしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラジル発:子供向けレイキの本

先日ブラジルの著名なレイキマスターであるジョニーから5冊目の著書が送られてきました。ポルトガル語ですが、絵本のように1ページ毎にイラストと文章が載っています。臼井先生や林先生、高田先生を含めたレイキの歴史やジョニー自身のレイキとの出会いや子供向けの実践方法などが載っていて見ているだけでも結構楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

このページの先頭へ